読書

いつか自分の本棚を、開いてみたいと思っています。

とても大事な本だから、あの人に贈りたい、という本もあります。

誰にも渡さず、お守りのように自分で持っていたい本もあります。

でも、人間いつかは終わるのだから、いつかは私の手を離れていく本たち。

本は巡りもの。そう思っているから、だから、本棚を開いてみたいです。