日照雨

【日照雨】 

そばえ。

日が照っているのに雨が降っている、天気のこと。

狐日和(きつねびより)や、狐のお嫁入りなどともいう。

晴れなのに、雨。雨なのに、晴れ。

嬉しいと悲しいも、楽しいと苦しいも、溶け合って、なんだか愉快になってくる。

どこか世界が、浮世離れするひととき。

灰色の雲の隙間から、光の粒が、ハラハラと落ちてくる。

頬も、耳も、体も、光に濡れる。

足元の葉っぱも、眩しそうにお日様を見上げている。

たくさんの光の粒を抱いて、私も、葉っぱも、地球まるごと、溜まり込んでいた生きる力が溢れ始める。


どこかの山の中で、狐もお祝いしているに違いない。


日照雨。

とある普通の一日の、ほんの一瞬のこと。

日常の中の、特別な瞬間。

特別な中にある、私の、"今日"。

そんな記録と表現を。


                                       諸岡 若葉


▶︎お問い合わせは、sobae.wm@gmail.comまで、お気軽に。